読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

♡xxx.....Ⅲ

適当なオタクのひとり言

オタクの非生産性について

私がこの人生でオタクをしてきたものと言うと2次元と声優と俳優、あと少しアイドルとミュージシャン()くらいだけど、私の通っていない界隈も含めオタクと芸能人又はそれに準じるものにおける関係は些細な違いはあろうとだいたい同じようなものだと思う。

 

ステージに上がってスポットライトを浴びる人と、客席でそれを見る人。ステージと客席という言い方は抽象的なものだと思ってくれたらいい。

 

芸能人にしてみればそこに上がることが生業なわけで、それに至るオーディションや稽古や色々なものを経てそこにいるんだろうし、挙句いざステージに立ったらファンに向けて何かしらのパフォーマンスを要求される。これは生産的な活動と言わざるを得ないものであり、またエンターテインメントの存在のためには欠かせない行為のはずだろう。

 

それではファンはどうなのかといえば、生産的な活動はこれといってないのではないかと考えたら突然オタクをやめたくなったので今私はこのブログを書いている。

 

シビアで且つ私情オンリーな話をするけどここでは推しへの応援とか舞台を見る感動とかは勘定に入れない。あくまでオタクをやめたくなっている私が客観的に見てオタクを批判したいがためにこれを書く。

 

推しのイベやらライブやら舞台にうん万とかけたお金の代わりに自分に何が返ってくるというのか?そう考えたら、やっぱり手元に残るのはチケットの半券の束だけなんだと思う。

 

舞台を見た時間は返ってこないしライブに行った時間も返ってこない。推しと話した時間もオタクと遊んだ時間も返ってきはしない。浪費されるのはファンの時間とお金であり、いくら公演の記憶は残る、銀テやチェキやサインは残るって言っても過去の思い出で、それが自分の未来に繋がることはないと言ってしまえばそれまでだ。オタクをしていること自体は私にとって何の得でもない。

 

 

試しに舞台のオタクをするデメリットを考えてみる。

舞台のチケット代は高い。普通の舞台のチケットは7000~とかだろうから、公演の少ない舞台でも10近い公演数に通うとなれば10万近くはかかることになる。テニミュみたいなロングランの公演なら70~80公演になることもあるし通う日程によればチケットだけで財政大赤字は免れない。だんだん麻痺して「4000円?めっちゃ安いじゃん全部行くかwwww」ってなってくるけど。

ライブやら演劇のチケットの相場からしたら普通だけど、1公演だけではなく何回も通うとなれば一般的な"学生の趣味にかける金額"ではなくなってしまう。比較的趣味に寛容な母親にも「チケット4000円もするなら一回行って我慢しなさい」って言われるし、例えば映画が同じくらいの時間でも1800円なのに比べたらメッチャ高いと思う。

ブロマイドは1セットワンコイン程度、とはいえオタクの性的に1セットじゃ済まないし、たかが紙切れ3枚に500円のコスパの悪さは考えてみれば異常である。もちろんブロマイドの相場はどこもこんなもんだろうけど日本の物価からすれば白目を剥くレベルの高い写真だと思う。ヨドバシカメラで印刷すれば写真1枚なんて30円なのに。

プレゼントも舞台俳優のオタクはTシャツ1枚で1万近いものとか普通にみんなあげてるし、平均は3〜5万くらいなんじゃないだろうか。3万あればボイフレに3万課金できるのにそんな金額のプレゼントを初日と楽と各地方とかで俳優に貢いでいたら死んでしまう。しかも大して歳も変わらない20代前半の俳優とかに。

あとは連日劇場に通う交通費、俳優に貢ぐハイブラのプレゼント代、1公演2〜3時間を1日2公演見ればマチソワ間含め会場に7時間以上拘束されることになる時間の浪費、マチソワ間暇を潰すために食事したり買い物するお金の浪費、それらを捻出するためのバイト代を稼ぐバイト時間の浪費。この浪費を全てやめて他の有意義などれだけ社会的にまともな人間になれるんだろう。なんて考えてしまったわけだ。

 

と、ここまで舞台俳優オタクの金銭事情について触れてきたけど、私はここまでしっかり金落としてる訳ではないのでこれはこれから俳優のオタクを続けるとしたらの話である。

 

私は春から大学生になるけど、大学に行くにあたって母と約束したことがある。

それは、「趣味を学業より優先させないこと」。

たとえ夜行バスで朝6時に東京に帰ってきても、17時からのライブのチケットを取ったのに16時半まで授業でも、授業には取ったもの全てに最初から最後まで出るということ。趣味に現を抜かしすぎて課題を疎かにしたり学校をサボらないということ。

 

この誓いを立てた理由は、高校の間はついてしまったサボり癖が最後まで治らなくて危うく欠時オーバーで卒業出来ない可能性も出てきた(卒業は出来たけど欠時はオーバーだった)というのもある。だけど第1に私は「嫌々受験してみんなが行くから大学に行って三年になったら就活するまでは遊ぶ」わけでは無いからだ。

「大学は勉強するための場所」それは当然のことかもしれない。だけど、私は受験勉強の中で学びたいことを見つけて、周りにに驚かれ反対されながらも元々志望してい学科とは全く系統の違う学科に進んだし、今はその分野の研究職に就くという目標がある。大学入っちゃえばもう受験ないから〜😇✌🏻️ではダメなのだ。みんなとは違うから、と思ってしまうのはいけないことだろうか。

実は受験生のとき本命だった大学には落ちている。だから今度こそ遊び暮らして勉強を放り出して失敗するわけにもいかないのだ。

 

まぁこれは私の事情だからどうでもいいんだけど、とにかく「この4年間は推しに捧げる♡」というわけにも行かないわけで。

 

書きたかったことを書き尽くして結論がなんなのかわからないまま締めようとしているけど、とりあえずドリライが終わったらやたらお金の減る舞台俳優のオタクはやめようと思っている。三浦は好きだしモチベが無いわけじゃないんだけど、ただでさえ声優と俳優で2Dしてるのに、夏の間クソみたいに電車で行きづらいアンフィシアターで1公演1.3万のロングラン演劇で主演を務める推しには付いていけそうにない。元々気力も体力もないJKブランド喪失オタクの衰えなのか、顔が好き♡しか言ってこなかった弊害なのかは分からないけど…ごめん三浦、君とはここまでみたいだ。全国大会に出るならまた誰かが呼び戻してくれるに違いないと信じて、同い年のスーパールーキーを降りたいと思う。スーパールーキーって某高橋◯輝のグアムDVDのタイトルだから嫌になるね。

 

何か降りる報告ブログになってしまったけど、私がオタクを辞めるのはドリライが終わったらだからまだ先は長い。チムライ終わりに進撃のチケット取ってたら察してください!!!!と書き残して今日の一連の病み思考を終わりにしようと思う。

 

 

 

 

 

♪BGM

-明日は君と。/麻倉もも